法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

2007年08月10日

善意取得(即時取得)の趣旨

善意取得(即時取得、192条)の趣旨
 =
(動産譲渡の対抗要件=「引渡し」(178条)(=不安定・不完全な公示方法)

→)動産取引安全の確保


即時取得(善意取得、192条)の要件のうち

善意・公然・平穏は186条1項により暫定真実として推定される。
無過失は188条によって占有者が通常、権利者であると推定される


posted by free law school at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 総則このエントリーを含むはてなブックマークFC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

平成2年・民法第2問
Excerpt: Aは、B所有の茶器を所有していたところ、Cから100万円を借り受けるにあたり、この茶器をCに質入れした。 1 この茶器は、AがBから預かっていたのに過ぎないのに、Bの承諾なしに、自己のものとしてC..
Weblog: 司法試験過去問題演習 ―フリー・ロースクール版
Tracked: 2007-09-05 08:07
法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。